2010年01月27日

往く月の宴

091103-154731.jpg

おいと目が覚めて,
「とてもはやい」という名前の粗茶を煮出して
湯気にあたっているともう夜だ.

はやいというより,見えないくらいでその速度.
時間は弾丸,糸を引く魔球.


あわてて髪を梳かしつけ,
風が前からこう吹き付けてくるぞ
という格好に整えて戸締り.
図画工作の夜は更けて,アルミ箔で誰かが
お日様を満月に変えて空をレイアウト変更.

画鋲が画鋲がお星さま.

「まだはやい」という名の電車に乗ると,
そこはいつでも電話の時間.
どこかの知らないお得意さまが
着信履歴を売る時間.

いまいくいまいくこんどいく.

ガラス越しの夜に
いろいろなことを思い出すたとえば.
烏帽子青年いわく,
僕の鼻粘膜を焼きましょうか
あなたさえよければ.
だめだめそんな,そんな勇敢.そんな愚行.
わたしの一存などで粘膜のことは
すべて自己責任でお願い.

また木月,あらわれる亭主.
入店したのは「もうおそい」という名の
しゃぶしゃぶ温野菜.

掬っても掬っても溶ける肉は
舌に乗らず出し汁ばかりすぐ注ぎ足される真冬.

posted by 地図書きのゆみ at 15:58| 東京 ☀| 作文集(ひまつぶしによむよみもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

錯覚作家と「地上」の模型

rei.jpg

鎌倉で開催中の内藤礼の個展
「すべて動物は,
世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」
に行ってきた.

鎌倉近代美術館は,一階と二階とそして吹き抜けの中庭.
また建物自体は鶴岡八幡宮の敷地内にあり,源氏池の水上に
浮かぶような格好で佇んでいて優雅だ.


内藤礼の作品にはいつも驚きがある.


ビーズを連ねた糸を水に変えたり,

源氏池を瓶の中に瞬間移動させたり,

作品をお客さんに配って持ち帰らせたりする.

そしてすべての場所において,
あるようでないと思われたものが,そこにあったりする.

一見すると素朴なオブジェを陳列・展示しただけにも思える
空間は,実は緻密な計算と明確な意図をもって構成されており,
その空間の中に含まれている自分をも含めて
ひとつの作品として機能していることを体感できる
見事な仕掛けになっているのだ.

そういう点では
内藤礼の作品は,とっつきやすいと思う.
とっつきやすいというか,答えがちゃんとあるというか.
現代アートというと,
何がいいのかよくわからない抽象的なフォルムの物体が
置いてあって,タイトルを見ると「生命」とか書いてあって
分かったようなわからぬような,でも何となく「これがこの
作家にとっての生命の形なのね」みたいな風に自分を
納得させて行き過ぎている方にはぜひおすすめしたい作家の
ひとりだ.

現代美術といえば,
わたしはオノ・ヨーコの作品が昔から好きなのだけれど,
彼女がイマジネーションを材料に,
観客の頭の中に作品を作るという手法をたびたび
用いるのに対して,
内藤礼は,
彼女が,あるいは観客がイメージ上のものとして
頭の中しか描けないものを,肉眼で見ることができる形
に変換して提示してみせる(そのように錯覚させる)
という点において,
オノ作品と合わせ鏡のようでなかなか面白いと思う.

そしてまた,オノ作品が観る人の想像力を信頼しているのと
同様に,内藤作品は人間の感じて受容する力を
作品の仕組みを支える大きな軸に据えている.
そのことが,観客の感性という半ば漠然としたものを,
作品の一部として(あるいはまた作品の「結果」として),
動きのひとつに取り込んだダイナミックなインスレーションを
成立させているのだと思う.

内藤礼
「すべて動物は,
世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」
2010年1月24日まで
神奈川県立近代美術館 鎌倉にて.
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2009/naito/index.html
posted by 地図書きのゆみ at 12:03| 東京 ☀| 異世界曼荼羅(感想文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

葱のミルク化現象

spinning.jpg

このところ薬膳料理にはまっていて、
毎日の料理にとにかくネギをよく使う。
なんだか知らないけど、
ネギは体を温めてくれるらしいのだ。

薬味にはもちろん、煮たり、炒めたり。

そのせいで冷蔵庫には常にネギが。

我が家は買い置きをしないほうなので、
あまり品揃えが多くないのがいつものホワイト・フリーザーだ。
しかし春夏秋冬、いつも牛乳だけは切らさないことになっている。
猫舌の私は必ず熱い飲み物を牛乳で割るし、
旦那はコーヒーをカフェオレにしないと
飲めないカフェオレ兄さんだからだ。

そんな牛乳と並んで、冷蔵庫の常連、いや
番人と化したネギ。

二者間のコラボはいまのところまだないが、
いずれ、あの二人しか残っていない、万事休す、
みたいな夜が来ることだろう。給料日前とか。
そのときには多いに活躍を期待したいと思う。

posted by 地図書きのゆみ at 23:58| 東京 ☀| 他生の縁(みのまわりのことなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

木月と寛大トレーニング

pppppp.jpg

キヅキ氏と旦那とが夜町に二人会し
晩酌の座をもうけるというので、
労働ののち一人ふてくされ帰宅後のわたしは真実に孤独。
寒居にて紅鮭を一切れ蒸しては
湯気にばかり包まれていると着信。
いざいざ宴の熱にあたりに来てはどうか今からお前も、
という誘いなのである。

右目左目コンタクトレンズは既に泉の中で浸水し、
脱ぎ捨てたメリノウールと
ようよう人肌に温まりつつある
皺皺のパジャマの後ろ前は今日も不覚。
お気持ちだけでと配偶者ゆえの遠慮。
ゆえの期待。のちの承諾。
置き去りの紅鮭。

身支度のお手間はもはや前戯と
誰ぞのたまう急行列車にて。
降り立てば繁華街のうるさき様が
小耳をぞくぞくと引き立てるポン引きの隙間。
水流をのけるように捌くように縫い歩く
目的の店はいずこ。

ランプ灯りが命の憩いの酒場の名は「海」。
不案内な電話ごしの道案内にようやく辿り着けば
マヨネーズ塗られし眼鏡かける我が最愛の人。

美しきカーブに縁取られし薄型レンズに、
無数の指紋が力強く油でスタンプされている現在は
購入から三ヶ月。
バラエティかバラエティかと
まだ素面のわたしばかり苦悶。

しかし酔いは2割を5割にし、
暴挙を心意気に言い換える午前0時。

キヅキ氏は褒めてほぐして妻の心をさしあたり掌握。
わたしのファンだとまで持ち上げるので
まんまと我が城は陥落し、
傀儡政府が立つや立たずや
というところで夫の密やかな嘔吐。

不可侵の約束を暗黙に取り交わして解散は解散。
ワッツアップ深夜料金。
タクシーに乗ると口をつく御免下さい。

posted by 地図書きのゆみ at 19:54| 東京 ☁| 他生の縁(みのまわりのことなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。