2012年02月23日

いつか指先の無欲

いろいろと物憂い事柄に目がいってしまう時節だ.
知らず宵の口になると空を見る.
木星と金星が南の空に架かっている.
つぶっとした光がどこか信じられない.

慰めが欲しくて友人にすがる.
何を考えているか分からない男だけに,
その口から放たれる言葉の質量というのもまた分からない.
食事の約束だけをして,またひとり地下にもぐる.

子供のときから家にいた獣が死んでもう5年たつ.
いまだにその可哀そうな亡骸を思い出すと,
何かとめどない感情がこみあげてきてやりきれない.
こちらとは違う時の流れ様を,越えられぬ河のように
その肉体に抱いたまま,燃えて小さなかけらだけになってしまった.
まだ5年しかたっていない.

小説を書きながら,虚栄心について考える.
日常とは別に不必要な言葉を並べるという行為は,どこか虚栄心に支えられているらしい.少なくとも自分の場合を考えるとそうだ.
そんなものとはまったく縁のない場所で何かを生み出せるという人がいるならば,それはきっと神様だろう.私は神様にはなれそうにない.

自らを職人と呼んだ彫刻家の佐藤忠良のことばを本で読む.
指先が拍手を欲しがって動いてしまう,そうなってはいけない.そんなことを喋っていた.彼が職人と自称したこと.そこには嫌味な謙遜も,ひねくれた自己顕示も一切なかった.
そんな風に日々を生きられれば,少し違う景色が見えるのかもしれない.
posted by 2/5、地図書きのゆみ at 17:18| 東京 ☁| Comment(0) | 心中(いつかはきえてゆくものたち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする